歴史の本が決して教えてくれないこと

歴史の本に書いてあることを少し忘れてみましょう。たいてい、本には歴史の一部しか書いてありません。ここでは、あまり語られることのない歴史の珍しい出来事についてご紹介します。なんとなく聞いたことのある話や滅多に語られることのない事実が明らかになるはずです。これまで知っていると思っていた歴史上の出来事の真実を垣間見る準備はできていますか?

仏像の中の即身仏

A Mummified Monk Inside A Buddha Statue
newspunch.com

2015年、オランダの研究者グループがCTスキャンを使って仏像を調査しました。すると、仏像の中には思いもよらないものが入っていました。仏像の内部にはミイラ化した僧侶が一千年もの間入っていたままだったのです。さらに、仏像の中に僧侶が入っていただけではなく、僧侶の体内には中国語がびっしり書かれた紙屑が入っていたのです。僧侶は、自分自身をミイラ化するために特別な食事療法を行い身体に毒を入れ、虫などがわかないようにしていたようです。全ての僧侶がこのようなことを行っていたわけではありませんが、即身仏となった僧侶は崇拝されたそうです。

メキシコの古代都市テオティワカンで発見された緑色の石仮面

A Green Stone Mask In Teotihuacán, Mexico
excite.co.jp

2011年、メキシコにある太陽のピラミッドで、この不思議な蛇紋岩で造られた緑色の仮面が発見されました。この仮面だけではなく、2000年前に供物として捧げられた様々なものがこのピラミッドで発見されました。その中には、土器や黒曜石の欠片や黒曜石で造られた像などがありました。この仮面はその他の供物と一緒に保管されていたため、考古学者たちは、なにかの儀式に使われたのだと考えています。