ミック・シューマッハ:「父親は私に言った:何でもやるからには楽しめ。」

- 広告 -

Michael Schumacher ne peut plus parler : cette machine qui lui permet de communiquer malgré tout

昏睡状態の父親

上記に述べたように、シューマッハは当時14歳のミックと共にフランス南東部のスキー場でスキーを楽しんでいたが、2本のスキーコースに挟まれた未整備のコース外エリアを滑走中、シューマッハは転倒して岩に頭を打ち付け、ヘルメットを装着していたにもかかわらず深刻な頭部外傷を負った。治療を担当した医師によれば、ヘルメットがなかった場合シューマッハは死亡していた可能性が高い。負傷したシューマッハはヘリコプターでスキー場から大学付属に搬送され、2回の外科的処置が施された。シューマッハには外傷性脳損傷が認められたため、彼は人工的な昏睡状態に置かれ、2014年3月7日には担当医によって容体が安定していることが報告された。その後シューマッハは意識を回復し、ローザンヌ大学病院を退院し、さらなるリハビリを行うため自宅に戻された。「麻痺のため車椅子を使用している」こと、また「喋ることができず記憶障害がある」ことが報道された2016年9月、シューマッハ家の弁護士はドイツの法廷で、シューマッハが「歩くことができない」と述べた。2019年7月、フェラーリの元チーム代表ジャン・トッドはラジオによるインタビューに応え、スイスにあるシューマッハの自宅で一緒にF1レースをテレビ観戦したと語り、シューマッハは「順調な経過を見せている」が、「意思疎通は難しい」と述べた

 

- 広告 -

Michael Schumacher : la crise sanitaire aurait aggravé son état de santé

父親への敬意

このような事故があったからこそ、ミックによる勇敢な発言があったのである。偉大な記録を残した父と同じ職業を選んだことで、「シューマッハ二世」として常にメディアから注目される宿命にある。父と同時代のドライバーや関係者からは過度のプレッシャーにさらされることを憂慮し、成長を見守るべきだというコメントが寄せられていた。はじめは「シューマッハ」の姓を名乗らず、父親について公に発言することもなかったが、2017年に初めてインタビューに応え、「僕のアイドルは父親だ」「単純に彼がベストだからだ。僕のロールモデルだ」と語り、父親を尊敬しているようであった。2017年F1ベルギーGPでは父のF1初優勝から25周年を記念し、ベネトン・B194を駆り、デモ走行を行った。この時は右半分が自分のデザイン、左半分が父のデザイン(ベネトン時代)という特製ヘルメットを用意し父親への敬意を示した。

- 広告 -