|| テーブルの上の敵:健康に最悪の食品

-広告-

食品は大事なもので間違いない。人生は、食べたいものとか、味わいたいものとか、ダイエットに一番いいものは何かなどを中心に回転する。食品は、家族や友人を集めたり、気持ちの瞬間を共用できる文化的な接着剤のようなものだ。同時に、食品は最悪の敵になり得る。普段摂食障害の極端な結果の話をしているのではなく、ダイエットの意識を高めるということだ。

日常な食品の一部は、普通に人が無視しているいくつかの致命的な特質がある。

こういう食品をちゃんと見てみよう!

1/15 – マーガリン

Margarine
https://anappleaday.net.au

マーガリンは、心臓病に関連するトランス脂肪酸の割合が高いのでこのリストに含まれている。他の有害な結果は心臓発作だけではなく、授乳に関連している可能性もある。実際、マーガリンに含まれるトランス脂肪酸は、新生児に与える母乳の品質を下げる。さらに、この食品を少量でも食べたらインスリンレベルを増加させる。マーガリンは確かに美味しい食品だが、使いすぎる危険を考慮しよう。

- 広告 -

広告