DIABETES 糖尿病の20の警告症状

糖尿病とは血糖値の高い疾患のグループで、1型は遺伝的に発症し、膵臓がインスリンホルモンを生産できません。2型は、体のニーズに対して十分なインスリン抵抗性のレベルのインスリンホルモンを生産できない。一般的なタイプは、甘い食べ物を常時食べることによって引き起こされる糖尿病2型です。米国では高血糖により、長年にわたり約2,900万人が糖尿病に苦しんでいます。糖尿病を事前に察知するための肉体的な信号は、普通の健康上の問題としてとらえられることが多く、見落とされがちです。糖尿病のリスクがあるかどうかを確認するには、これから紹介する20の警告症状をチェックしてみてください。



1. オーバーレイ画像

オーバーレイ画像
女性は最初に角膜を受け取った

かすみ目や視界がぼやけて見えたりする場合は、初期の糖尿病の警告症状の可能性があります。これを治療せずに放っておくと網膜の血管に問題が起こり、眼の液体が正常に循環しないため、悪化してしまう恐れがあります。さらに、網膜に問題を引き起こし、失明することもあります。